レビトラこそ俺が待ってた宝!都合のいいED治療薬

メニュー

即効性に長けた効果

■レビトラの即効性
バルデナフィル塩酸塩水和物を有効成分とするレビトラは、どのED治療薬よりも短時間での即効性を実感できる勃起障害改善薬です。ヨーロッパとアメリカではバイエル社より2003年に承認、販売が開始され、日本では20004年6月から発売されたので、およそ12~13年の歴史を持つED治療薬になったわけです。
その特徴はバイアグラよりも食事の影響を受けづらいという特徴がありますが、空腹であれば更に短時間で効きはじめます。それは最短で10分、遅くても30分というから驚きの速さなんですね。
しかも、早く聞いて、長めに効くという特徴も持っているんです。効果持続時間は最大8時間にもなりますから、バイアグラの約2倍ですが、興奮や刺激を受けた時のみ勃起するように働く薬なので、ずっと勃ちっぱなしで困るという心配は無用で、夜に使用し、また朝にも性行為に挑めるということです。

■選ばれる理由
勃起の硬度ではバイアグラに比べると劣るという方がいますが、バイアグラとシアリスが合わないという人でもレビトラなら合うという方に選ばれるようです。
更には興奮や刺激がないと勃たない薬とうたわれていますが、彼女に触れただけで硬くなったという人や、副作用は気怠い感じのみでバイアグラに比べて軽かったという人もいるようです。個人差や合う合わないといったことはありますが、即効性と、ほどよい持続時間が選ばれる理由といえるでしょう。

■確実な勃起を得るための服用の仕方
万全な勃起を得るためには、性行為のおよそ1時間前には飲み終えたほうが確実でしょう。また具体的にOKとされている脂肪分は食事の総エネルギーの3割といわれますが、脂肪分を含む食事は避け、できれば服用前後2時間は食事を避け、胃を空にしておけばばっちりでしょう。
それとED治療薬共通の注意点としてアルコールの飲酒とグレープフルーツの同時摂取があげられています。これは、飲酒ではリラクゼーション効果が高まるためであり、多量の摂取は効果を半減させますが、少量であれば問題ないとされています。そして後者はグレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸という成分が薬物代謝酵素を阻害するため、バルデナフィルの排出を遅らせ、長く体内に留めてしまうことが置き、強い副作用が発症してしまうことにつながるため禁忌とされています。